1. HOME
  2. ブログ
  3. 実家リノベ|断熱・耐震・外装・内装・水回り|栃木市

実家リノベ|断熱・耐震・外装・内装・水回り|栃木市

築100年以上の実家・次の世代へ住み継ぐための実家リノベ

冬に室内で上着を着ていた実家、古くて暗くて泊まれないと孫に言われた・・・

「もう全然寒くないね!」年末年始、リノベーション工事が完成した実家に孫たちが集まっていわれた一言。また人が集まり賑やかな暮らしが戻ってきたことを実感した。築100年のわが家が老後安心して暮らせるように、そして次の世代が心地よく住み継ぐための実家として生まれ変わった。

間取り

普段は全く使われない二間続きの和室と縁側、日が当たらないキッチンとダイニング、古くて床が今にも抜けそうな洗面所、タイルが割れてしまいシロアリ被害にあっていたお風呂、夏場は風通しがいいものの冬場は隙間風が入り込む寒いリビング。

建物説明

外観

before

after

1階部分は付加断熱(STO)のうえに塗り壁仕上げ、2階部分はメンテナンスがかからないようにガルバリウム鋼板による金属製サイディングを採用。 縁側にあった掃き出しサッシはYKK430の引き違いサッシへ変更。耐震補強のために耐力壁をバランスよく配置。屋根は瓦からガルバリウム鋼板縦ハゼ葺きにすることで耐震性能をアップ。より地震に強く断熱遮熱性能の高いサッシと付加断熱を採用することで断熱性能が向上しました。

内観

■LDK

子どもたちが孫を連れて帰ってきてもみんなでワイワイできる広々としたリビング空間

二間続きの和室と縁側空間だったスペースを広々としたリビング空間に。床の断熱材にはスタイロフォーム150mmを採用。無垢フローリングの効果もあり「床断熱でも入っているの?」と不思議がるほど足下が暖かい。差鴨居や長押や床柱に昔の和室の名残りを感じられる。外周部には羊毛断熱材「ウールブレス」が入っている。

■BEFORE/AFTER

縁側の屋根は屋根断熱を採用

外周部には耐力面材をはって耐震性能を上げる

2階の床組はそのまま残して歴史を残す

■玄関土間&和室

古い屋根組みをあらわしに

玄関土間と可変的につながる和室

■ダイニングキッチン

ステンレスフレームキッチンを採用

木と鉄を共通デザインとしてまとめたダイニングキッチン

 

お客様の声

なによりも冬なのに上着を着なくてもすんでいます。

しかもエアコンを一台運転していれば家のどこにいても快適に過ごせています。

年末年始には子どもたちが孫を連れてきて久しぶりに集まりました。

その時、孫たち、子どもたちの「今度の家は暖かくていいね〜」という言葉が嬉しかったです。

来客があっても玄関土間と和室部分で対応しています。普段のキッチンはあまり見せたくないのでいいことですね。

また孫たちとが遊びに来るのを楽しみに、毎日を快適に暮らしたいと思います。

物件概要

住所 栃木市惣社町
物件形態 一戸建て住宅
構造 木造・在来工法
工事期間 8ヶ月
建築年 築100年以上
その他 耐震改修補助金(栃木市)・省エネ補助金(国)を活用。

 

栃木市の新築・リフォーム・住宅診断なら

(有)丸善工業|育みの家ロゴマーク

リフォーム・新築、住宅診断でお困りのこと、お悩みがございましたら

(有)丸善工業の育みの家へどうぞお気軽にご相談ください。

今すぐ無料メール相談

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

検索

この記事の著者

育みの家㈲丸善工業 3代目 長 善規

住宅診断(インスペクション)からの大規模リフォーム提案を得意とする。
2級建築士。その他数ある資格・知識・経験・実績から、デザイン・機能性、環境への配慮、資金面・ランニングコストも含めてトータルに対応。
家族と家づくりをこよなく愛する勉強家。

プロフィールはこちら

無料相談はメール&Lineから

無料メール相談バナー画像

フッター用Lineバナー画像